速読の効果

「文章を速く読むこと」は様々な場面で役立ちますが、その中で主な3つの効果を紹介します。

勉強は好きですか?読書は好きですか?

きっと、「読書よりもマンガが好き。ゲームが好き。」という方がほとんどではないでしょうか?
自分は「勉強が向いていない」「読書が嫌い」と思っていませんか?
その決めつけがあなた(お子様)の将来を変えてしまいます。

読書があまり得意でない理由は単に「活字に慣れていない」という可能性が高いです。
速読を受講された方は活字に対して抵抗がなくなります。
必然的に文章に触れ、読解力が上がります。

本の面白さを知れば、読書が好きになり、読書量がアップします。
知的好奇心もこうした事がきっかけでアップします。
活字に対する慣れは様々な教科に影響します。

速読は脳を鍛えるトレーニングでもあるため
「記憶力」や「集中力」そして「思考力」など脳の総合的な能力を底上げする効果も期待できます。

速読により学習効率をUPさせることが可能です。

問題を理解する時間を短縮させることで、余った時間を復習に回し、学習内容をより脳に定着させることができます。

まうまうPALSCHOOLの速読は内容の理解度を落とさず、速く読める方法を指導しているため、テストや入試等に最適です。

問題演習用のトレーニングを用意しているため、実際の試験同様、深い理解を伴う速読ができるようになります。

また、速度が上がれば、時間が短縮できます。短縮できた時間を、考えたり見直したりする時間に充てられます。

速読を習得することで、受験に圧倒的に有利になります。

これまで速読について説明をしましたが、皆様の中には「速読って本当に効果があるの?」「特別な人だけが修得できる技術なのでは?」そう思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から言うと、そんなことは決してありません。速読は「誰にでもできる」トレーニングです。

なぜなら、速読トレーニングとは人間の誰もが持っている脳の2つの特性「可塑性(かそせい)」「汎化作用(はんかさよう)」を利用したトレーニングだからです。

自動車で高速道路を時速100 ㎞でしばらく走行した後、一般道路に入ると、景色が非常にゆっくり流れるように感じる事はありませんか?これは脳が高速走行のスピードに順応して、情報処理能力を高めた結果です。
このように、脳は「可塑性(かそせい)」つまり外部からの刺激(例えばスピードなど)に柔軟に適応できる性質を持っています。 速読トレーニングとは、脳のこの特性を利用したものなのです。

「見る」という能力をアップさせると、「理解」「記憶」「感性」などといった読むことに関わる他の能力も、 それに追いつこうと処理能力を高めます。このように、脳にはひとつの刺激によってさまざまな反応を連鎖的に引き起こす 「汎化作用」という性質があります。
脳全体はつながっている神経網であるため、一部が活性化されると他の領域にも波及効果が及ぶのです。また、速読トレーニングは人間の脳に達する刺激の8割を占める視覚刺激を利用しています。視覚刺激を通じて、高速に、かつ大量の刺激を送ることで脳を効果的に活性化していき「可塑性」と「汎化作用」を効率的に活用することができます。